毎日の睡眠を注意するだけでアンチエイジングに繋がる

良質な睡眠をとるために注意すべきこととは?

毎日の睡眠を注意するだけでアンチエイジングに繋がる

睡眠は食事と同じくらい人間にとっては大切なことで、脳や体を休めるためにも上質な睡眠を取る必要があります。やはり、しっかりした睡眠をとると、目覚めがすっきりして気持ちよくなりますよね。 脳や体をしっかり休ませるということは、アンチエイジングにとっても重要なことなのです。

脳が衰えてしまっては、元も子もありません。アンチエイジングで最も重要なのは、脳を若々しく保つことです。ぐっすり深い眠りにつければ、脳神経は正常に回復し、脳細胞が壊れていくのを最小限に抑えることができます。

しかし、これは質の良い睡眠がとれた場合の話であり、しっかりした睡眠がとれていないと、脳神経の回復が間に合わず、いつも疲れている状態になってしまいます。

上質な睡眠をとるには、まずはきちんとした睡眠時間の確保が必要です。レム睡眠とノンレム睡眠は90分で1セットとなっています。90分セットでどれくらい睡眠をとればいいのかという理想は6時間から7時間半です。

また、しっかりと眠るために、夜はなるべくカフェインの入った飲み物を飲まないようにしましょう。 カフェインをとっても眠くなるという人も中にはいると思いますが、一般的にはカフェインをとってから3~4時間は体内からカフェインは消えません。

夜の11時眠るとしたら、コーヒーなど飲みたい場合は7時までには飲み終わるようにしてください。 そして、イライラを抑えるということも良い眠りに導きます。 イライラを抑えるのには鎮静作用のあるカルシウムを摂取することです。

特にホットミルクは、体も温まるので寝る前に飲むと効果的です。 ミルクが苦手なら、ココアやいちご牛乳をホットで飲むのも良いでしょう。 ヘルシーにしたい人は豆乳でも大丈夫です。

また、海藻類や小魚、大豆や乳製品などはアンチエイジングに効果的な食物なので、夜ご飯に取り入れることがおすすめです。小魚はカリカリにしてふりかけにしたり、大豆製品や乳製品は色々な応用がききますし、海藻類だって味付け次第で毎日続けられます。

アンチエイジングに効果のある食物を食べて、体をしっかり休ませて、脳や体のアンチエイジングを行いましょう!